ホ−ム » クラスリファレンス » ZDC.Oval

ZDC.Oval

円または楕円を描画します。
※)shape.jsが必要です。

実装例

コンストラクタ

ZDC.Oval(object, options)

引数プロパティタイプデフォルト説明
objectlatlonZDC.LatLon-緯度経度
xnumber-メートル単位の横半径
ynumber-メートル単位の縦半径
optionsstrokeColorstring#000000枠線の色
※ハッシュマーク(#)と6桁の16進数の値で指定してください
strokeWeightnumber2枠線の太さ
※正の整数を指定してください
fillColorstringnone塗りつぶしの色
fillOpacitynumber1.0塗りつぶしの透過度
※Androidではサポートされません
lineStylestringsolid線の種類(solid or dash or dashdot or dot)
lineOpacitynumber1.0線の透過度
Androidでは塗りつぶしの透過度を兼ねます
propagationbooleantruetrue:イベントが地図に伝播する
false:イベントが地図に伝播しない
circlebooleanfalsetrue:指定した横幅に合わせた円を描画する
false:指定した縦横の半径で楕円を描画する

メソッド

void moveLatLon(latlon)

円の中心点を移動します。

引数タイプデフォルト説明
latlonZDC.LatLon-緯度経度

void setRadius(radius)

円の半径を設定します。

引数タイプ説明
radius半径オブジェクト半径オブジェクト

半径オブジェクト

引数タイプ説明
xnumberメートル単位の横半径
ynumberメートル単位の縦半径

void setZindex(zIndex)

z-indexを設定します。デフォルトのz-indexは100です。

引数タイプ説明
zIndexnumberz-index

void hidden()

円を非表示にします。


void visible()

円を表示します。


void setShapeStyle(options)

円の枠線の色や太さなどのスタイルを再設定します。
引数はコンストラクタの引数optionsと同じです。


void redraw()

moveLatLon、setRadius、setShapeStyleの実行結果を図形に反映して再描画します。
ただし、このメソッドを実行する前にZDC.MapクラスのaddWidgetを実行してください。