ホ−ム » クラスリファレンス » ZDC.UserWidget

ZDC.UserWidget

ユーザウィジットを作成します。
※)userwidget.jsが必要です。

実装例

コンストラクタ

ZDC.UserWidget(latlon, options)
ユーザウィジット作成時は非表示となっています。表示するためには後述のopen()メソッドを実行してください。

引数プロパティタイプデフォルト説明
latlon-ZDC.LatLon-緯度経度
optionshtmlstringnullユーザウィジットに表示するHTMLソース
domDOM-ユーザウィジットに表示するDOM
(htmlが指定されている場合はhtmlが優先)
sizeZDC.WHhtmlパラメータによる(※1)表示サイズ
offsetZDC.PixelZDC.Pixel(0, 0) (※2)オフセット値
propagationbooleanfalsetrue:イベントが地図に伝播する
false:イベントが地図に伝播しない

※1 ・・・ 表示サイズを指定しない場合、表示内容によってユーザウィジットのサイズは自動で調整されます。
ただし、一部のタグ(imgタグ等)や、CSSによりユーザウィジット内のスタイルを設定をしている場合、正常に表示できないことがあります。
※2 ・・・ デフォルトの位置はユーザウィジットの左上が指定した緯度経度となります。

メソッド

void open()

ユーザウィジットを表示します。


void close()

ユーザウィジットを非表示にします。


void moveLatLon(latlon)

ユーザウィジットの表示位置を変更します。
ただし、このメソッドを実行する前にZDC.MapクラスのaddWidgetを実行してください。

引数タイプ説明
latlonZDC.LatLon緯度経度

void setHtml(html, size)

ユーザウィジットで表示するHTMLソースを再設定します。
ただし、このメソッドを実行する前にZDC.MapクラスのaddWidgetを実行してください。

引数タイプデフォルト説明
htmlstringnullHTMLソース
sizeZDC.WH(※2)表示サイズ

※2 ・・・ コンストラクタ、または本メソッドにて表示サイズを指定した場合には、ユーザウィジットのサイズは自動で調整されなくなります。


void setDom(dom, size)

ユーザウィジットで表示するDomを再設定します。
ただし、このメソッドを実行する前にZDC.MapクラスのaddWidgetを実行してください。

引数タイプデフォルト説明
domDOM-DOM
sizeZDC.WH(※2)表示サイズ(最大サイズ:W600px×H750px)

※2 ・・・ コンストラクタ、または本メソッドにて表示サイズを指定した場合には、ユーザウィジットのサイズは自動で調整されなくなります。


void setZindex(zindex)

z-indexを設定します。デフォルトのz-indexは100です。

引数タイプ説明
zindexnumberz-index

ZDC.LatLon getLatLon()

ユーザウィジットの緯度経度を取得します。