ホ−ム » 基本サンプル » 開いた吹き出しの緯度経度を地図の中心点にする

開いた吹き出しの緯度経度を地図の中心点にする

実行結果

次の例では、ボタンを押した際に吹き出しを表示し、その緯度経度を地図の中心点にします。

Your borwser is not supporting object tag. Please use one of the latest browsers.
Go to ./apisample/widget/widget_027.html

ソースコードと解説

吹き出しを表示するには、ZDC.MsgInfoクラスを利用します。
指定した緯度経度を地図の中心点にするには、ZDC.MapクラスのmoveLatLon()を利用します。
ただし、ZDC.MapクラスのmoveLatLon()ZDC.MsgInfoクラスのopen()より前に実行してください。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<script src="http://api.its-mo.com/cgi/loader.cgi?key=JSZ752c40ded32d&ver=2.0&api=zdcmap.js&enc=EUC&force=1" type="text/javascript"></script>
<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
    var map, msg, latlon = new ZDC.LatLon(35.6611861, 139.7631861);

    function loadMap() {
        map = new ZDC.Map(
            document.getElementById('ZMap'),
            {
                latlon: new ZDC.LatLon(35.6778614, 139.7703167),
                zoom: 10
            }
        );

        /* 中心点画像を作成 */
        map.addWidget(new ZDC.MapCenter());

        /* マーカを作成 */
        map.addWidget(new ZDC.Marker(latlon));

        /* 吹き出しを作成 */
        msg = new ZDC.MsgInfo(latlon, {
            html: 'Zetメンズ館',
            offset: ZDC.Pixel(0, -18)
        });

        /* 吹き出しを追加 */
        map.addWidget(msg);
    };

    /* 吹き出しを表示 */
    function openMsginfo() {
        /* ZDC.MapクラスのmoveLatLon()をZDC.MsgInfoクラスのopen()より前に実行 */
        map.moveLatLon(latlon);
        msg.open();
    };
//]]>
</script>
</head>

<body onload="loadMap();">
    <div id="ZMap" style="border:1px solid #777777; width:500px; height:300px; top:0px; left:20px; position:absolute;"></div>
    <div id="IBox" style="top:0px; left:540px; position:absolute;">
        <input type="button" value="吹き出しを開く" onclick="openMsginfo();">
    </div>
</body>
</html>