ホ−ム » クラスリファレンス » ZDC.ImageLayer

ZDC.ImageLayer

任意の画像取得インターフェースで取得した画像を重畳します。
※)imglayer.jsが必要です。
  利用する画像取得インターフェースの仕様を理解している必要があります。
  取得するサイズは表示している地図のタイルと同じサイズとなります。
WMS形式の地図を重畳する実装例

コンストラクタ

ZDC.ImageLayer(url, options)

引数プロパティタイプデフォルト説明
urlhostsarray(string)-画像を取得するインターフェースURLのドメインを文字列の配列で指定(例を参照)
複数のドメインを指定することができます。
pathstring-画像を取得するインターフェースのパスを指定(例を参照)
options任意任意-画像取得インターフェースに指定するパラメータ名と値をオブジェクト形式で指定。
setParamメソッドにてパラーメータを更新するまで同じ値が指定されます。

実装例
var map = new ZDC.Map(mapdom);

var imageLayer = new ZDC.ImageLayer(
 {
  /* URLが http://sample.ne.jp/cgi/sample.cgi の場合 */
  hosts: ['sample.ne.jp'],
  path: 'cgi/sample.cgi'
 },
 {
  key: 'abcdef',
  layer: '',
  date: '20120101',
 }
);

map.addWidget(imageLayer);

↓ 画像取得時に生成されるURL
http://sample.ne.jp/cgi/sample.cgi?latlon=yyy,xxx&zoom=z&size=www,hhh&key=abcdef&layer=&date=20120101
※latlon, zoom, sizeは状況によって変化します

メソッド

void setParam(param)

引数に指定されたオブジェクトのパラメータ名と同じパラメータに値を付加または更新し、描画しなおします。
ただし、ここで指定されていないパラメータは前回値を引き継ぎます。

引数プロパティタイプ説明
param任意任意コンストラクタのoptionsを参照

void hidden()

画像を非表示にします。


void visible()

画像を表示します。


void setOpacity(opacity)

画像の透過度を指定します。
指定可能な範囲は0〜1.0の間です。

引数タイプ説明
opacitynumber画像の透過度を指定