環境設定

環境設定

ここでは、ZDC Maps SDKを利用するための環境構築について記載をおこないます。
 
はじめに、Xcodeにて新規プロジェクトを作成します(ここではSingle View Applicationを利用します)。
 
 
次にプロジェクトの任意の場所にZDCMaps.frameworkを追加します。
 
 
ZDCMaps.frameworkに必要な、以下のframerworkを追加します。
  • Foundation.framework
  • MapKit.framework
  • CoreLocation.framework
  • GLKit.framework
  • UIKit.framework
  • QuartzCore.framework
プロジェクトのGeneral設定画面でframeworkの追加を行って下さい。

次にアプリケーションのBuild SettingsBuild OptionsEnable Bitcode 項目をNoにします。


最後に、プロジェクトのBuild Phases設定で、Copy Files Phaseを設定します。
 ※Copy Files Phaseが見当たらない場合は、追加してから設定して下さい。
  • 「+」ボタンでZDCMaps.frameworkをリストに追加する。
  • DestinationリストボックスからFrameworksを選択する。

以上でZDC Maps SDKを利用するための環境設定は完了です。