共通入力フォーマット

各API共通で用いる入力パラメータ形式です。

複数値指定

 
複数個の値を指定する時のフォーマットです。
"," または ";" で値を区切ります。
指定する値が緯度経度の場合、","でのみ値を区切ることができます。

multiple=1,2,3
multiple=A;B;C
真偽値

 
真偽値を指定する時のフォーマットです。

T TRUE
F FALSE
flag=T
flag=F
緯度経度(latlon)

 
緯度経度を指定する時のフォーマットです。
"緯度,経度" で指定します。リクエストパラメータ llunit で緯度経度の単位を指定できます。
複数値指定する場合、";"は使用できません。

latlon=35.6797777,139.77165
latlon=35.24176583,139.1619077,35.2421772,139.161910833,35.24435361,139.16087305
測地系(datum)

 
測地系を指定する時のフォーマットです。
測地系変換には、離島補正が含まれています。
離島補正対象の一覧はこちらをご確認ください。

TOKYO 日本測地系(TOKYO)
WGS84 世界測地系(JGD2000)

datum=TOKYO
datum=WGS84

検索取得件数(limit)
検索結果取得件数を指定する時のフォーマットです。
"取得開始位置,取得件数" で指定します。

それぞれ 0 以上の数値で指定します。

limit=10,10
limit=20 //limit=0,20 と同じ

住所コード(addrcode)
住所コードを表すフォーマットです。
英数字のみで構成されるコードで、住所階層レベルにより桁数が決まっています
それぞれ 0 以上の数値で指定します。
2桁 都道府県
5桁 市区町村
8桁 大字
11桁 字丁目
16桁 街区
21桁 地番
26桁 枝番

addrcode=13101 // 住所階層レベルが市区町村の場合

緯度経度形式(llunit)
入出力の緯度経度形式を指定する時のフォーマットです。
dec 10進度形式。 デフォルト
msec ミリ秒形式

llunit=dec
llunit=msec

日時指定

 

日時を指定する時のフォーマットです。
"YYYYMMDDhhmmss" で指定します。
時刻(hh)以降は省略可能です。
20110513180432 => 2011/5/13 18:04:32
201105131804   => 2011/5/13 18:04:00
2011051318     => 2011/5/13 18:00:00
20110513       => 2011/5/13 00:00:00
緯度経度矩形範囲(llbounds)

 

緯度経度矩形範囲を指定する時のフォーマットです。
"南西緯度,南西経度,北東緯度,北東経度" で指定します。
リクエストパラメータ llunit で緯度経度の単位を指定できます。
llbounds=35.606249,139.65167,35.750039,139.88696

地図倍率(zoom)
36~92の範囲で指定する地図倍率です。
値が小さいほど縮尺が大きく(zoom-in)なります。
zoom=67

等倍用地図倍率(zoom)

 

1~16の範囲で指定する地図倍率です。
値が大きいほど縮尺が大きく(zoom-in)なります。
zoom=12

メルカトル用地図倍率(zoom)

 

1~23の範囲で指定する地図倍率です。
値が大きいほど縮尺が大きく(zoom-in)なります。
zoom=12

縮尺番号(zoom)

 

1~18の範囲で指定する地図倍率です。
値が大きいほど縮尺が大きく(zoom-in)なります。
zoom=9

方位角(angle)

 

真上を基準とし、方位を左手系(北を基準方位にし時計回りを正の角度とする)で表した角度です。
指定できる範囲は整数で-360[度]~360[度]の間です。
0を指定すると北(真上)を意味し、90を指定すると東(右方向)を意味します。

画像フォーマット(imageformat)

 

png PNG形式
gif GIF形式